医療脱毛とサロン脱毛

医療脱毛の豆知識

医療脱毛で火傷しない?

医療脱毛として代表的なものには医療レーザー脱毛やニードル脱毛といった手法が存在します。
このニードル脱毛に関して言えば、微量の電流を帯びたニードルを毛穴から刺してムダ毛の毛根を破壊していく手法なので、そこには皮膚表面が火傷を負ってしまうような要素がありません。
その一方、医療脱毛の代表格とも言える医療レーザー脱毛の場合、これは専用機器から照射されたレーザーが皮膚を透過して毛穴の奥深くにある毛根のメラニン色素と反応して瞬間的に温度を高め、組織を破壊してしまうというもの。
もしも元々肌が弱かったり、限度を超えた出力にてレーザーを照射してしまうと肌にダメージが及ぶことも少なくありません。
しかしそんな時でも医師がしっかりと立ち会って、最初の照射テストを行い、なおかつ施術中の出力も操作するので、火傷が起こらないように万全を期した状態で安心しながら脱毛することができます。
ただし、医療脱毛はレーザーであれニードルであれ、施術後は肌がたくさんの刺激を受け敏感な状態となります。そのため火傷ではないまでも、過度な刺激を与えないようなケアが必要です。
日差しを避け、極度に疲れることを避け、さらにアルコールや辛いものなどを避けることで肌をいたわってあげることが重要となります。

医療脱毛とエステ脱毛の違いと使い分け方

脱毛のしくみが似ているため、医療脱毛とエステ脱毛は混同されることがありますが、最大の違いは機械の出力の差にあります。
医療脱毛はレーザー脱毛と呼ばれる方法が主流になっており、これはレーザーの力で毛根部分に熱のダメージを発生させ、毛母細胞を破壊することにより脱毛効果を得るという方法です。
一方のエステ脱毛はフラッシュ脱毛という方法が主に採用されており、しくみとしてはレーザー脱毛とほとんど同じですが、使用されている機器はレーザーよりも出力が低いフラッシュ脱毛器です。
レーザーとフラッシュでは前者のほうがより高出力で集中的に毛根に熱のダメージを与えるため、脱毛効果が出やすく、より短期間で完全にムダ毛が生えてこない状態へ導くことができます。
ただしその分施術時に熱ダメージによる痛みは強く出やすいですので注意が必要です。
とにかく短期間でしっかりとムダ毛を処理したいという場合は医療脱毛を、時間がかかってもいいのでなるべく痛みを抑えて脱毛したいという場合はエステ脱毛を、というような使い分けをするとよいでしょう。

Favorite


NPS

Last update:2020/1/29

Copy Right (C) 医療脱毛の豆知識 All Right Reserved