日焼けとの関係

医療脱毛の豆知識

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛は似ている点もありますが、いくつかの大きな違いがあります。最も大きな違いとして挙げられるのは、出力の強さです。
医療脱毛では、サロンに比べて出力の高いレーザーを使ってムダ毛の再生組織にダメージを与えていくことができるので、より効率的にツルスベ肌を手に入れることができます。
医療脱毛やサロン脱毛ではメラニンに反応するレーザーや光を用いるので、お肌への負担を避けながら脱毛することが可能です。
そのため、どちらも比較的肌トラブルの発生しにくい施術といえるでしょう。しかし100%肌トラブルが発生しないわけではありません。
万が一肌トラブルが発生した場合、サロンでは医療行為を行うことができないため、医療機関を紹介してもらうか自分で病院で治療を受ける必要があります。
その点、クリニックで行われている医療脱毛なら、医師や看護師にすぐに医療的な処置を行ってもらえるので安心です。
サロンとクリニック、どちらの脱毛施術も現在人気がありますが、両者の施術には安全性や効果の点で大きな違いがあるといえるでしょう。

医療脱毛と日焼けの関係とは

以前までは医療脱毛というと、高額でなかなか手が出ない美容でした。
しかし、低価格化や脱毛時間の短時間化により現在では、老若男女問わず多くの人々が脱毛に興味を持っているのではないでしょうか。
医療脱毛を行うにあたって、気を付けなければならないことがあります。それは日焼けです。
医療脱毛は肌の黒い色素にレーザーの照射が反応し、毛根にダメージを与えることによって、徐々に新しいムダ毛を生えないようにしていきます。
ですから、ホクロやアザなどには通常照射できません。日焼けをしてしまうと、レーザー照射が黒い毛根と間違えて反応してしまい、肌が火傷してしまう危険性があります。
また、医療脱毛の施術直後は肌が敏感になっています。敏感な肌は非常に日焼けしやすい状態にあり、このことから肌トラブルにつながる可能性もあります。
脱毛の施術期間中は、できるだけUV対策を怠らないことが、綺麗に早く脱毛を行えるポイントであるとも言えるでしょう。

check


美容室 砺波

2020/3/26 更新

Copy Right (C) 医療脱毛の豆知識 All Right Reserved