普通の脱毛との違い

医療脱毛の豆知識

医療脱毛って普通の脱毛と違うの?

クリニックで行われている医療脱毛は、医師や看護師のような資格を持った医療従事者のみが施術を行うことができます。
サロンで行われているような普通の脱毛とは違って、唯一医療行為として行われる脱毛施術なので、ムダ毛に悩んでいる人ほど効果に満足できるでしょう。
脱毛サロンではエステティシャンが光脱毛施術を行うため、肌トラブルが発生した場合でも、すぐに医療的処置を行うことができません。医師や看護師が施術を行うクリニックの医療脱毛なら、肌トラブルが発生した場合はすぐに対処することができます。
レーザーはムダ毛のメラニンに吸収されるため、お肌への負担は少ない施術ですが、医師や看護師に診てもらえる医療脱毛なら安心して脱毛することができるでしょう。
医療脱毛は、現在行われているプロの施術の中で最も永久脱毛に近い施術の一つです。
以前主流だったニードル脱毛に比べて肌トラブルのリスクも下がり、施術スピードも大幅にアップしているので、ムダ毛を効率的かつ安全にツルツルにしたい方にはおすすめできるプロの脱毛施術です。

医療脱毛で危険性はあるのか

クリニックで行われている医療脱毛は、サロンの光脱毛に比べて出力が高いのがメリットです。
サロンではしっかりと脱毛するのが難しい産毛から男性のヒゲのような濃くて太いムダ毛までしっかりと効果を実感しやすくなります。
医療脱毛で使われるレーザーは出力が高い分、何らかの危険性があるのではと危惧している方もいるでしょう。
しかし、レーザーはムダ毛のメラニンに吸収される性質を持っているので、基本的に肌に直接的な影響を及ぼす心配はありません。ただし、あざやホクロ等に誤って照射してしまうと火傷してしまう可能性はあります。
また、日焼けした状態で施術を受けるとレーザーが肌に反応するおそれがあるため、基本的に施術を受けることはできません。
医療脱毛は医師に肌の状態を診てもらってから施術を始めるのが基本なので、医療脱毛を安全に受けられるか心配している方も、まずは医師に相談してみると良いでしょう。
施術を受け始めた後は日焼けすることを防ぐ等、できる限り肌を守るように気をつけることも大切です。

pickup

天神で相続について知る
http://akasakamaizuru.zaisan-fukuoka.com/

最終更新日:2017/1/12

Copy Right (C) 医療脱毛の豆知識 All Right Reserved