安全性と大きな効果

医療脱毛の豆知識

医療脱毛と脱毛の法律について

医療脱毛とエステサロンの脱毛では、大きな違いがみられます。
医療脱毛では永久脱毛を行うことはできます。しかし、エステサロンでの脱毛については永久脱毛は認められていません。
永久脱毛は、医師法17条により医師以外の者が行えば医師法違反となることが昭和59年と昭和63年においてその当時の厚生省の医事課より回答されています。
永久脱毛は、医療行為であることが法律に明記されています。
医療機関以外においては、永久脱毛行為は法的に禁止されています。ですので、エステサロンのスタッフが永久脱毛を行うことはできません。
一時的に減毛することはできますがそれ以上の永久脱毛についてはできないとされています。
しかし、逆に医療機関において電気脱毛などの脱毛方法を行ったとしても、そうした事実を広告で広めることは法律で禁止されています。そのため、医療機関の永久脱毛を広く一般に伝えることは不可能となっています。
しかし、エステサロンについてはそうした広告規制の制限はありませんので、ある程度自由に宣伝することができる点で違いがみられます。

医療脱毛の安全性と大きな効果

医療脱毛は皮膚科や美容外科といった医療機関で施術が行われている脱毛のことで、安全性の高さと優れた脱毛効果から、今非常に人気がある脱毛方法となっています。
現在医療脱毛はレーザーを使用するレーザー脱毛という方法が主流となっており、レーザーをムダ毛に照射するだけで高い脱毛効果を得ることができるという画期的なものです。
エステ脱毛であるフラッシュ脱毛と比べると、使用されている機器の出力の高さに違いがあり、レーザーはより高い出力で効果的に脱毛することができますので、短期間の施術で非常にきれいな仕上がりへと導くことが可能になっています。
効果は半永久的ともいわれていますので、とにかく効果が長く続く脱毛方法でムダ毛を処理したいという人には最適です。
医療脱毛はもちろん医療行為ですので、施術を行うスタッフは医療資格の保有が義務付けられており、そのためスタッフによって技術と知識のレベルに差が生じるということもありません。
万が一肌トラブルが起こった場合なども医師が常駐しているため適切な処置が受けられますので、安全に脱毛を受けることができるという部分も医療脱毛の大きなメリットです。

注目サイト

商標登録

Last update:2018/11/22

Copy Right (C) 医療脱毛の豆知識 All Right Reserved